失敗したかも?!ピルの正しい知識辞典

避妊薬としてピルを服用している女性も、多いのではないでしょうか。
ピルは排卵を止めて、生理周期をコントロールできる薬です。
特に低用量ピルに関しては避妊薬としてだけではなく、ニキビの改善にも処方されるケースは少なくありません。

低用量ピルは配合されている男性ホルモン量が少なくなっているので、ムダ毛やニキビなどの副作用が抑えられています。
低用量ピルには複数の錠剤を期間を分けて服用する三相性タイプや一種類の錠剤を飲み続ける一相性タイプがあります。
特に一相性タイプは飲み間違いが起こりにくいことで人気があり、その中でも有名なのがノベロンです。
ノベロンはマーベロンという病院で処方される低用量ピルのジェネリックで、同等効果を持ちながら価格が抑えられているのが特徴です。
また、排卵を抑えるために女性ホルモンをコントロールする機能を持っているので、ホルモンバランスを崩れにくくし、肌の調子を綺麗に整えることができます。
ノベロンは美肌効果もあるうえに、マーベロンと同じように避妊成功率が99%という、嬉しい効果を沢山持った低用量ピルなのです。

ところで、排卵を止めているという事もあり、ピルを服用している間は、おりものは出ないというイメージが定着しています。
しかし、服用しているのにも関わらず、おりものが出てしまうケースがあるようです。
おりものは排卵後に出やすく、透明で量も多いのが特徴です。

ピルを飲んでいるのにも関わらず、おりものが分泌されると、薬の効果が出ておらず妊娠しているのではと、不安に感じてしまうでしょう。
排卵後は特におりものが分泌されやすいものの、おりものが出たからといって、必ずしも排卵しているとは限りません。
ピルには子宮頚管粘液を濃くする事で、精子の突入をしにくくするという作用も持ち合わせています。
粘膜液が濃くなった為、おりものが出てしまうという場合もあるのです。

また、クラミジアなどの細菌に感染してしまうと、おりものの量は多くなります。
ピルを飲んでいても感染症を発症すると、おりものが分泌されるのです。

このように排卵していなくても、おりものが出るケースは多々あります。
もし、あまりにもおりものが多いという場合は、感染症の疑いが強いのでまずは婦人科に相談しましょう。

ただ、薬を飲んだり飲まなかったりと、規定の量を服用していない場合、薬の効果が発揮されず排卵してしまうケースも少なくありません。
排卵してしまうと当然、妊娠の確率は上がってしまう為、避妊の為に服用している場合は飲み忘れに注意しましょう。
特に第1週に飲み忘れた場合、排卵のリスクが高まります。